ホーム

新刊のお知らせ Ⅰ

  『366日 絵画でめぐるファッション史』(パイ インターナショナル)が出ました。 <366日>シリーズの四冊目です。この本では、美術史とファッション史を合わせて語りながら、歴史を彩った人々の物語にも触れたいと思いました。個人が自分を服装で表現するようになったルネサンスからはじめて、バロック(十七世紀)、ロココ(十八世紀)とたどりました。ルネサンスは、<イタリア>、<北方、フランス、ドイツ、スペイン>、<イギリス>と三章にわたり、ルネサンス美術をふんだんにちりばめました。
 近代の中心となる十九世紀は、<ロマン主義>、<ヴィクトリア朝>、<第二帝政と印象派>の三章を当てました。
 そして「十九世紀末から新しい時代<デカダンスの時代>、<モダン、タイムズ><一九二〇年代を中心に>」で近代をあつかいました。
 一九二〇年代までにしたのは、絵画がファッションの表現に大きな役割を果たしてきた時代が終わり、写真という新しいメディアがファッションを伝える主役になってきたからです。一九二〇年代以後のファッション史については、ぜひ、新しい本をつくりたいと思っています。
 絵画によってファッション史をたどると、これまでとはまた違った美術史が見えてきます。ルネサンス初期には横顔(プロフィール)が中心の人物画は、しだいに正面を向き、絵を見る私たちと目を合わせるようになり、その内面までのぞかせるようになります。
 そして絵の中の人物が着る服装も、身体に合わせて構造化され、細部までくっきりわかるようになります。この本を書きながら、ファッション史の研究がこのところ飛躍的に進んでいるのが感じられました。ファッションは一九七〇年ごろまでは新しいものを追いつづけ、あまり過去をふりかえらなかったのですが、ようやく<歴史>を意識するようになったのです。
 ファッションがマイナーアートとして、美術史から差別されていたことも、ファッション史をおくらせていましたが、一九七〇年代からアール・ヌーヴォー・スタイルなどのリバイバルとともに、マイナーアート、装飾美術の再評価がはじまり、ファッション史の研究がはじまり、二十一世紀の今、大きな成果をもたらしました。
 この本を書くために、その成果の一部を利用できたことは、とても刺激的でした。なぜなら、ファッション史の成果は、二十一世紀のジェンダーの問題と深く関わっているからです。ファッションを描いた絵画をたどりながら、美術史におけるジェンダーを強く意識させられ、それによって絵を見る面白さが増して行ったように思えました。
 私はアール・ヌーヴォーという、美術史ではまだ認められていなかったスタイルから出発しました。美術史よりもファッション史で扱われていたこのスタイルによって、それまでの美術史とはちがう歴史をさがし求めて来たことが、この本を書きながら、あらためてわかったように思えました。ルネサンスからの美術史のさまざまな絵をたどりながら、ファッションという軸を立てると、これまであまり見えなかった画家たちの絵が浮かび上がってきて、とても新鮮でした。ゲインズホロ、ティソ、サージェントなどはこれまでじっくり見て、考える機会がなかったのですが、この本で親しくなれました。
 美術とファッションの歴史を、華やかな歴史群像とともに楽しんでいただけたら幸です。

新刊のお知らせ Ⅱ

 『知られざるアメリカの女性挿絵画家 ヴァージニア・ステレット』(マール社)が出ました。これまでマール社から『カイ・ニールセン』、『エドマンド・デェラック』、『ジェシー・キング』と三冊の挿絵画家の本を出していますが、その四冊目で新しい装丁になりました。
 挿絵というのは美術史が二次的にしかあつかわなかった領域でしたが、アルホォンス・ミュシャやオーブリー・ビアズリーなどの再評価によって、ようやく研究されるようになりました。私は『世紀末のイラストレーターたち』で好きな挿絵画家を取り上げましたが、それきり、挿絵について書く機会がありませんでした。マール社の編集者に『カイ・ニールセン』を依頼されたことは、私にとって大きな転機でした。挿絵への興味が甦り、一人の作家についてじっくり調べることができました。
 そして、うれしいことに、マール社から四冊目の挿絵画集が出ることになりました。
 十九世紀末から一九二〇年代まで豪華な挿絵本の黄金時代でした。しかしその中でも、ヴァージニア・ステレットはあまり知られていません。病弱で、若死にしたため、三冊の挿絵本しか残っていないため、経歴もくわしくわからず、忘れられてしまったのです。
 その忘れられた、薄幸の女性画家を編集部が見つけ出し、出版を企画してくれたのです。わたしにとって、とてもうれしい仕事でした。幸いにも、彼女の全作品ともいえる三冊の絵本が、そっくり見つかったので、じっくりと本を作ることができました。
 ほとんど知られていない挿絵画家なので、できるだけくわしい解説をつけることにしました。彼女が知られていないのは、アメリカの挿絵画家であり、女性の挿絵画家であるからです。そこでアメリカの挿絵の歴史を書きました。それには一冊の本が必要ですが、ごく簡単に触れました。アメリカの美術は、ヨーロッパの美術を辿りながら、少しずつ自立していきます。しかしヨーロッパの主流から無視されてきました。挿絵となると、さらに美術史の外になってきました。その中でステレットは忘れられてしまいました。
 女性であることも画家としてはマイナスです。十九世紀には女性は職業画家として認められず、趣味として描いていました。二十世紀に女性画家が出てきましたが、今でも美術におけるジェンダー差別はつづいているようです。
 ステレットの時代の女性の挿絵画家の歴史についても書きました。アメリカの女性画家という二重のハンデの中で描きつづけた彼女の生涯をたどりました。
 彼女は『フランスのおとぎ話』、『タングルウット物語』、『アラビアン・ナイト』という三冊の絵本をのこしました。埋もれていた玉手箱を開くと、ロマンティックなファンタジーの世界が開きます。フランスのおとぎ話、ギリシャ神話、アラビアン、ナイトという三つの世界をめぐって下さい。

366日 絵画でめぐるファッション史

366日 絵画でめぐるファッション史

知られざるアメリカの女性挿絵画家 ヴァージニア・ステレット

知られざるアメリカの女性挿絵画家 ヴァージニア・ステレット

366日 絵のなかの部屋をめぐる旅

366日 絵のなかの部屋をめぐる旅

366日 物語のある絵画

366日 物語のある絵画

ロンドンの誘惑 1970's ロンドン・カルチャーの世界

ロンドンの誘惑 1970's ロンドン・カルチャーの世界

武蔵野マイウェイ

武蔵野マイウェイ

366日 風景画をめぐる旅

366日 風景画をめぐる旅

華麗なる「バレエ・リュス」と舞台芸術の世界

華麗なる「バレエ・リュス」と舞台芸術の世界
-ロシア・バレエとモダン・アート-

Another Room もうひとつの部屋

Another Room もうひとつの部屋

映画は千の目をもつ

映画は千の目をもつ



おとぎ話のモノクロームイラスト傑作選

おとぎ話のモノクロームイラスト傑作選


グスタフ・クリムトの世界――女たちの黄金迷宮

グスタフ・クリムトの世界――女たちの黄金迷宮


海賊の文化史様

海賊の文化史

日本の装飾と文様

日本の装飾と文様


世界の幻想耽美

世界の幻想耽美

イギリス 野の花図鑑

イギリス 野の花図鑑

ファンタジーとSF・スチームパンクの世界

ファンタジーとSF・スチームパンクの世界

ヨーロッパの図像 花の美術と物語

ヨーロッパの図像 花の美術と物語

秘密結社の世界史~フリーメーソンからトランプまで、その謎と陰謀~

秘密結社の世界史
~フリーメーソンからトランプまで、その謎と陰謀~

ロシア・アヴァンギャルドのデザイン

ロシアの世紀末――〈銀の時代〉への旅

オリエンタル・ファンタジー:アラビアン・ナイトのおとぎ話ときらめく装飾の世界

ヨーロッパの幻想美術
─世紀末デカダンスとファム・ファタルたち

オリエンタル・ファンタジー:アラビアン・ナイトのおとぎ話ときらめく装飾の世界

オリエンタル・ファンタジー:
アラビアン・ナイトのおとぎ話ときらめく装飾の世界

アルフォンス・ミュシャの世界――2つのおとぎの国への旅

アルフォンス・ミュシャの世界
――2つのおとぎの国への旅

北欧の挿絵とおとぎ話の世界

世界の美しい本

北欧の挿絵とおとぎ話の世界

マティスの切り絵と挿絵の世界

あいさつ

 海野弘ワールドにようこそ。長いこと、さまざまなテーマを書いてきました。自分がどこを歩いているのかわからなくなる時があるほどです。
 一つの区切りとして、自分の世界を整理し、その見取り図をつくってみることにしました。そこでは、情報の三つの柱を伝えたいと思います。
 一つはこれまでやってきた仕事をたどることです。単行本にまとめられたものを中心に、まだ本に入っていないものについても拾ってみたいと思います。

あいさつタイトル

 二つ目は今やっている仕事についてです。新聞や雑誌の連載など書く仕事だけでなく、講演やインタビュー、座談会、そして取材の旅といった仕事についても触れるつもりです。
 三つ目はこれからどこに向かうかについてです。決まっているだけではなく、長いこと考えてきて、なかなか実現しない企画や、最近ふと思いついたテーマなど、私の夢についても語りたいと思います。
 私の旅してきた世界は私だけのものではなく、多くの先人から贈られたものです。私もまたそれを次の世代に送っていきたいと願っています。そのためにこの小さな窓が役立てばうれしいのですが。

署名

お知らせ

2011年7月29日

 以前に河出書房新社から出した『江戸ふしぎ草子』のシリーズ(全六巻)が今度、平凡社ライブラリーに入ることになりました。秋には第一冊が出る予定です。
 このシリーズは朗読会やラジオでの朗読などで読ませてほしいという依頼をよく受けます。私としても愛着のある作品なので、新しい形で出ることになり、楽しみにしています。

2010年9月16日

『名門大学スキャンダル史:あぶない教授たちの素顔』(平凡社新書)が刊行されました。

近況

この夏は、カイ・ニールセンという挿絵画家について書いていました。アーサー・ラッカムやエドモンド・デュラックと並んで、二十世紀初頭の挿絵の黄金時代をつくったイラストレーターの一人です。ひさしく忘れられていましたが、このところ再発見、再評価されています。その名品集をマール社から出すことになり、解説を書きました。『世紀末のイラストレーターたち』以来の、ひさびさのイラストレーター論なので、とてもうれしい仕事でした。
『ファンタジー文学入門』(ポプラ社)を書いた時、また、ファンタジーのイラストレーションのことを書きたいと思っていたところでした。ニールセンの絵本もかなり集まってきたので、どこかのギャラリーで絵本展をやりたいな、と夢をふくらませています。
東京新聞(2010年9月6日号)に、「古賀春江展」(神奈川県立近代美術館 葉山)について書きました。古賀も一種のファンタジー画家といえるでしょう。
今、書いているのは『おじさん、おばさん論』(幻戯書房)です。ニュートンからジャック・タチの『ぼくの伯父さん』まで、百人以上のおじさん・おばさんが登場します。

2010年8月31日

語りの会 ぼてふり 第六回公演にて、海野弘 作『江戸妖かし草子』より「女目医者」が上演されます。
日時:2010年9月10日(金)
    昼の部:14:30開演
    夜の部:16:30開演
場所:深川江戸資料館・小劇場
入場料:\2,000
問い合わせ:語りの会 ぼてふり事務局 神橋武典
    03-3337-9307
    090-1556-2009
    botefuri@nifty.com

2010年4月21日

『秘密結社の時代 鞍馬天狗で読み解く百年』(河出ブックス)が刊行されました。
巻末に時代をたどるのに便利な年表を入れ、挿絵などもちりばめた楽しい本になっています。

『花に生きる-小原豊雲伝』(平凡社)も5月刊行の予定です。
久生十蘭、大佛次郎、そして小原豊雲と、近代史の人物評伝がつづきました。
よろしくお願いします。

2010年3月12日

以下、書影を追加しました。 『スキャンダルの世界史』
『イリュージョン デザイン:知覚 想像力 空間』
『ジャズ・スタンダード100:名曲で読むアメリカ』
『シャンハイモダン:上海摩登』
『モダン都市文学Ⅰ:モダン東京案内』
『モダン都市文学Ⅵ:機械のメトロポリス』
『音楽の万華鏡②:一九二〇年代の音楽』
『海野弘の街あるき館さがし』
『久生十蘭 『魔都』『十字街』解読』
『現代美術:アール・ヌーヴォーからポストモダンまで』
『崇拝からレイプへ:映画の女性史』
『伝説の風景を旅して』
『秘密結社の日本史』 よろしくお願いします。

2010年2月22日

Websiteをオープンしました。
よろしくお願いします。
雑誌掲載

「旅サライ」(小学館) 2010年2月26日発売

「必ず訪ねたい個人美術館」に書いています。

『小原流挿花』

「日本史の旅人」を連載中。
新刊

ロシアの挿絵とおとぎ話の世界

パイインターナショナル 2012年12月21日刊行

流線の挿絵画家 ジェシー・キング

マール社 2012年10月29日刊行

おとぎ話の古書案内

パイインターナショナル 2012年10月19日刊行

プルーストの浜辺
-「失われた時を求めて」再読

柏書房 2012年7月刊行

二十世紀美術 一九〇〇~二〇一〇

新曜社 2012年7月刊行

スキャンダルの世界史

文藝春秋 2012年5月10日刊行

野の花の本 ボタニカル・アートと花のおとぎ話

パイインターナショナル 2012年4月30日刊行

夢見る挿絵の黄金時代
-フランスのファッション・イラスト

パイインターナショナル 2012年4月30日刊行
新聞掲載

東京新聞(2010年9月6日号)

「古賀春江展」(神奈川県立近代美術館 葉山)についての記事が掲載されました。

朝日新聞 2010年1月24日朝刊

『スキャンダルの世界史』の書評が掲載されました。

日本経済新聞 2010年1月17日朝刊

『スキャンダルの世界史』の書評が掲載されました

日本経済新聞 夕刊

「プロムナード」に、2009年7月~12月まで毎週木曜日にエッセイを連載。
講演

2013年4月13日(土)午後2時

東京六本木の新美術館で、「カリフォルニア文化とデザイン」について話します。→詳しくはこちら

2013年3月16日(土)午後2時

北海道立近代美術館で「魅惑の世紀末 アール・ヌーヴォーの世界」を話します。→詳しくはこちら

2010年1月末

石川県立九谷焼研修所でモダン・デザイン史の講義を予定しています。
構想メモ

構想がまとまってはいないが、書く約束はしているもの~

『志賀直哉と奈良芸術村』
 志賀直哉は1925~1938年まで奈良の高畑に住み、そのまわりに作家や画家が集まり、芸術サロンができていた。そこで奈良<天平>芸術が発見されてゆく。そのアーティスト・コロニー(芸術家村)の物語を書いてみたい。
『斜めに橋を架ける-おじさん、おばさん論』
 日経新聞の「プロムナード」に書いたのだが、文化や知識は、親から子へという直線によって継がれるだけでなく、おじさんやおばさんという斜線によって伝がれることが重要ではないかと思う。おじやおばによる文化の伝達によって、異文化が注入され、豊かになるのだ。文化がそれぞれ孤立している現代において、おじさん・おばさんの役割を再評価したい。

まだ漠然としたアイデアだけで、いつか書いてみたいと思っている企画。
止めどなくあるうちの、いくつか~

『ニューヨーク1950年代』
 1920年代のパリに代わって、戦後のニューヨークは世界の先端となった。ビート文学、抽象表現主義のアート、モダン・ジャズの三本の柱によって、ニューヨークを書きたい。
『プルーストの浜辺』
 『プルーストの部屋』とペアになる本として、プルーストと1900年のノルマンディーの浜辺について書きたい。

ページトップへ戻る